読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

圧倒的に満を持さないブログ

毎週火木日全力更新!

謎の遊び 「かつおぶし」

小学三年生の頃に一部の男子の間で、流行った遊びがあった。

 

 

 

 

その名は

 

 

 

 

「かつおぶし」

 

 

 

 

これだけ聞いて、どんな遊びか想像できる方はまずいないとは思うが、

 

 

 

そういう名前がその遊びにつけられた。

 

 

 

ルールはいたって簡単。

 

 

 

鬼ごっこで、鬼がメンバーをタッチする際に

 

 

 

「かつおぶしっ!」

 

 

 

と言い放つというルール。

 

 

 

ただそれだけである。

 

 

 

やっている時もなぜそれが面白いのか、よくわからなかったが、

 

 

 

「かつおぶし」

 

 

 

は小学3年男子の心を揺さぶった。

 

 

 

遊戯王ベイブレードポケットモンスタールビーアンドサファイヤといった

 

 

 

室内娯楽が流行っていたそれらを差し置いて

 

 

 

 

「かつおぶし」なる奇妙なアウトドアスポーツが小学3年男子の心を動かした。

 

 

 

 

昼休みも、放課後も「かつおぶし」で明け暮れた。

 

 

 

 

「かつおぶし!」「はいお前鬼ー!!」

「かつおぶしくさくなるやろー」

「かつおぶしマンわーい」 

 

 

 

 

別になんでもいいじゃないか、昆布でも焼き鳥でもタコワサでも、

 

 

 

 

しかし僕らの間ではなぜか

 

 

 

 

カツオを加熱してから乾燥させた日本の保存食品

 

 

 

 

「かつおぶし」

 

 

 

 

がはまってしまった。

 

 

 

 

 

理由は誰にもわからない。

 

 

 

 

小学4年になると、クラス替えが行われ

 

 

 

 

 

それまでのかつおぶし仲間がバラバラになった。

 

 

 

 

それを皮切りに「かつおぶし」は行われなくなった。

 

 

 

 

 

時はかなりすぎ、

 

 

 

 

 

今でもなぜか得意げに語るのは、

 

 

 

 

 

小学時代の同級生、橋下(仮名)だ。

 

 

 

 

 

彼がかつおぶしの生みの親だ。

 

 

 

 

橋「お前かつおぶし覚えてる?」

俺「なんかあったよなー」

橋「あれ俺が考えたっちゃけんね!」

俺「あ、そーやったっけ?そかそかふーん」

俺「そうバイ!まじ俺すごくない?あれめっちゃ流行ったよな!!!!ほんとすごいと思うわ」

 

 

 

 

 

地元に帰り、そいつと会うと、6,5割方この話が入る。

 

 

 

 

 

まるで

 

 

 

 

 

自分が地球上の新たな生命体を見つけたのと同等の価値がありまんねん!

 

 

 

 

 

とも言わんばかりの口ぶりで、すこぶる腹がたつ。

 

 

 

 

 

何年前の話じゃ、われ。

 

 

 

 

 

それ得意げに話されても、聞いとるこっちが恥ずかしわ。

 

 

 

 

 

とはいえ、橋下はかなり独特な感性の持ち主であったことは間違いない。

 

 

 

 

 

 

小学6年の頃の口癖は

 

 

 

 

 

 

「コンクリートすっぞ!」

(「コンクリートする」という動詞を発明し、布教。一部で流行る。意味はその場の雰囲気で悟れとのこと。)

 

 

 

 

 

 

中学生の頃の口癖は

 

 

 

 

 

タクラマカン砂漠

(テンションが高くなると、「タクラマカン」と言わずにはいられないようで、実際に存在する中国の砂漠)

 

 

 

 

何をどう思ってその発言をしているか、それが言いたくなるか

 

 

 

 

 

俺には到底理解し得なかったが

 

 

 

 

 

彼はとりあえず、

 

 

 

 

一般ピーポーよりもいささか頭がおかしい

 

 

 

 

 

ということは間違いなかった。

 

 

 

 

 

下校時間、しょっちゅうピンポンダッシュをしては、

 

 

 

 

 

周りの大人を困らせていた。

 

 

 

 

 

それゆえに「かつおぶし」のようなわけのわからない、

 

 

 

 

 

遊びを創出したのもうなづける。

 

 

 

 

 

だがなぜあれほど流行ったのかは、知る由もない。

 

 

 

 

 

そんな彼も司法書士を志すほど、

 

 

 

 

 

あれから時がたったと思うと、

 

 

 

 

 

時の流れっちゅうのは恐ろしく早かもんですな。