読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DMMアカデミーに入れなかったけど、はいあがろうブログ

DMMアカデミーに入れなかったけど、違う環境ではい上がる人のブログです

DMM課題提出 小森武史

DMMの課題 小森武史

DMM.comの課題です!

(1)若者への教育の投資

 DMMアカデミーこそ、若者への教育の投資ですが、広い範囲で浅くでもいいので、もっとやっていくべきです。

 若者のスマートフォン利用率94%のなか、ゲームやアダルトコンテンツを作り続けるのもいいですが、どんどん引きこもりが増え、童貞が増え、少子高齢化に拍車をかけます。(自分もその一人なので、たまにガールズバーに行ってはトーク力を磨いたり、休みの日も外に出かけて、アクティブに動くようにしてます!)

 若干話が逸れて恐縮ですが、 Facebookを利用しているとき、面白そうな人や気になる人を見つけたら、フォローするようにしています。その中の一人に「斎木陽平さん」という方がいらっしゃいます。AO義塾という、大学における推薦入試、AO入試対策に特化した塾を運営している方で、東大推薦入試合格者実績ナンバーワン、メディアでも、ちらほら取り上げられています。特別気にしている方というわけでもないですが、この前Facebookでのポストを見たとき、斎木さんの考え方が今後の教育産業に重要だと感じました。「教育費用=未来への投資」という考え方が、DMMアカデミーと同じで、興味深い企業の一つです。

先日斎木さんがしていた投稿を、一部抜粋します。

 

教育産業を日本最大の成長産業にしたい。てか近い将来、我が社チーム一丸になってそれを実現してみせる。少子高齢化で斜陽産業と捉えられがちだけどその常識ぶっ壊したい。ぶっ壊さないと日本の未来がない。

だってそもそも教育費用はコストじゃないよね。消費じゃないよね。未来への投資なはず。だから学習塾は単に親に教育費を消費させる企業ではなく、ファンド的であるべき。この常識をひっくり返したい。

若者は無限の可能性を持ってる。無限大のポテンシャルを持ってる。少子化だからこそ一人ひとりを丁寧に見極めて、最高の育て方ができる時代になった。だから少子化は教育産業にとって危機ではなく機会なはずだよね。

そして、塾の費用は親が負担するものだって常識も覆したい。塾の費用は祖父母の孫への「贈り物」であってもいいんじゃない?高校生が夢を育んで、成長する姿をみれば祖父母は何よりも幸せを感じれる。そう発想すれば、高齢化は教育産業にとって危機ではなく機会なはずだよね。

無限の可能性を持つ若者に投資する仕組みを作るのがEdventure(弊社)の使命。少子化も高齢化も全部追い風にして、Edventureが必ず教育産業をこの国で一番の成長産業にしてみせる。そうすれば一人一人の人生の航海が十人十色にキラキラと輝き出す。そんな誰しもがアクティブに、そしてワクワク冒険してゆく未来を創るのが我が社の使命だ。

 この方、この企業とスクラムを組んで、協力しあえば、今のDMMアカデミーや日本の今後の若者への教育にとって、非常に面白いものが創造されると思いました!教育はファンド的なものととしてとらえることにかなり賛成で、若者も教育に対してより熱心に取り組めるはずです。

 ただGIVEしすぎると教育というより、強制的なニュアンスが強くなり、かえって受動的な教育を助長させ、元も子もないです。広げたり、浸透させていくためには、最初は押しつけでもいいかもしれませんが、最終的には能動的な学習環境を作り上げることが出来れば最高だと思います!

 

(2)AbemaTVのような、大きな先行投資

 他社ですが、サイバーエージェントのAbemaTVの取り組み、挑戦がすごくかっこよく、夢があふれています。テレビ離れの若者をターゲットに、すでに1000万ダウンロードを実現し、広告販売とプレミアム課金というスマホらしい、収益モデルを作っていて、超イケてるなあと感じます。

 2017年度は昨年の二倍の200億円を投資するようで、最終的には日本にとってのマスメディアをめざすそうです。ユーザー側は課金せずとも視聴できるというのが胸熱で、無料でもwi-fiさえあれば見放題です。今勢いがあるのは、結果論でしかありません。メインで成功しているような他社も存在しない状況で、事業を立ち上げるのは、かなり大きな決断だったと思いますが、それ以上にやりがいやロマンがあります。

 DMMアカデミーの取り組みは、DMMの中でも、最大の先行投資の一つだと思います。アカデミー生徒が、授業代、講師のギャラ、その他の費用分の利益を、DMMもしくは別の企業や、何かの事業で作り上げることが出来れば、金銭的な意味では、最低限回収できたことになります

 自分自身このアカデミーに受かったら、この二年の間に先行投資分くらいは回収できるようなビジネスを作り上げて、利益とれるように奮闘していくので、DMMさんもDMMアカデミーでない、AbemaTVをも超えるような先行投資やっていきましょう!

 自分がDMMアカデミーのブランディングやそのサービス自体の価値を担い、先行投資が正しいことを証明できれば若者にとって、より夢やロマンを追いかけやすくなる環境作りに、すこしは貢献できるはずです!がんばります!