Airbnb インドネシア 完結編

歯茎からの出血が収まらないので、

 

 

 

 

急遽歯医者に行ったところ

 

 

 

 

歯周病の一歩手前だと診断されましたが、

 

 

 

 

ま、全然元気です。

 

 

 

 

って言うてますけども

 

 

 

 

先日Airbnb終了しました。

 

Airbnb インドネシア編 序章 - 圧倒的に満を持さないブログ

見てない方はこれを呼んでください。

(出でよ!ごごごごごごおゴゴゴgっっっgォォッォオオオ)

 

 

 

だいぶ楽しかった、というのが正直なところです。

 

 

 

 

 

インドネシア編。

 

 

 

 

 

Airbnbのホスト体験にハマった私は

 

 

 

 

 

今回はインドネシアの方を宿泊させました。

 

 

 

 

 

いわゆるシェアアパートみたいな感じです。

 (シェアアパートは自分の1Kの家の空間に泊めさせてあげること)

 

 

 

 

今回は女性2人ということで、

 

 

 

 

 

変な妄想してしまった俺氏ですが、

 

 

 

 

 

Airb史上一番ほっこりしました。

 

 

 

 

 

 初日から衝撃を受けたのは、

 

 

 

 

 

午後19時ごろ。

 

 

 

 

 

 

初対面で、

 

 

 

 

 

「ヘーイ!How are you!!!」

「ナイストゥーミートゥー」

 

 

 

 

と、盛り上がってたところ、

 

 

 

 

 

突然片方のヨンちゃんが

 

 

 

 

 

「キャナイプレイ?」

 

 

 

 

 

といってきたため、

 

 

 

 

 

 

(プレイ………セーーックス???!、、、イヤイヤその展開は早くない?お主。。)

(そうか、音楽か!音楽をプレイしてもいいか聞きたかったんだな、よーしよーし)

 

 

 

 

 

「It`s OK , Music OK」

 

 

 

 

 

と返事したところ。

 

 

 

 

 

「NoNo!」

とグーグル翻訳を見せながら言ってきました

f:id:stubgurssy:20170518213959p:plain

 

 

 

 

 

どうやら片方は宗教の関係上、お祈りをする必要があったのです。

 

 

 

 

 

一時、我の家は、

 

 

 

 

 

ムスリム教徒による祈祷が開始されました。

 

 

 

 

 

やっぱ本場は違った。

 

 

 

 

 

シルバーの装束を着用し、お祈りが始まった。

 

 

 

 

 

物珍しさに、ぶっちゃけ写メりたい気分であったが、

 

 

 

 

 

それを押し殺し、彼女のお祈りに注目した。

 

 

 

 

 

物珍しさは3分で終了し、

  

 

 

 

 

いつものごとくスマホで出会い系アプリを始め手た自分もいた。

 

 

 

 

 

 

さて就寝時に問題発生。

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリア編のように、今回も

 

 

f:id:stubgurssy:20170501235743j:plain

 

 

この形で寝てもらうつもりだったが、

 

 

 

 

 

 

宿泊料の安さや、私のホスピタリティーにど肝抜かれたようで

 

 

 

 

 

 

この体系になって就寝すると言って聞かなかった。

 

f:id:stubgurssy:20170520193416j:plain

 

 

 

 

小柄な女性二人でもやはり狭い、その空間を

 

 

 

 

 

二人で寝ると言って聞かないのである。

 

 

 

 

 

明らか狭すぎんだろ???

 

 

 

 

 

と思いつつ彼女たちはそのスペースで寝ると言って聞かなかったので

 

 

 

 

 

三日間その体形で寝てもらいました。

 

 

 

 

 

 

明らか、快適ではなかったその部屋に、

 

 

 

 

 

感謝もクソもそこまでされないだろと思ってましたが、

 

 

 

 

 

もらいました。

 

 

 

 

 

 

ポストカード。。。。。

 

 

 

 

f:id:stubgurssy:20170520194725j:plain

 

 

 

 

これ感動じゃないすか。。。なんか。。。

 

 

 

 

 

泣いてないすけど、

 

 

 

 

 

これは鬼嬉しかったですね。。。

 

 

 

 

 

てかトトロの名前がイイロになっとるやないかい

 

 

 

 

 

 

 

 

画像大喜利 第二弾

みなさんこんにちは。

 

 

 

 

前回のブログにて、インドネシア人との交流をお伝えしていたと思いますが、

 

 

 

 

とうとう明日でお別れですね。

 

 

 

 

今回のAirbnbでは

 

 

 

 

インドネシア人女性二人 * 3泊4日

 

 

 

 

ということで、変な妄想をしていた僕ですが (黙

 

 

 

 

もうかなり仲良しになりました。

 

 

 

 

日本では「ほないこか!」から会話が始まることも伝えましたし

 

 

 

 

大変満足です (黙

 

 

 

 

ジブリ美術館にどうしても行きたかった彼女たちのために、

 

 

 

 

ジブリ美術館の予約とチケット購入を済ませていたため、

 

 

 

 

彼女たちの俺に対する好感度は半端ないものでしたが、

 

 

 

 

3Pまでには至りませんでした (黙

 

 

 

 

代わりに、お土産をもらいました。

 

 

f:id:stubgurssy:20170514102144j:plain

 

 

ま、僕がジブリ奢る代わりに、

 

 

 

 

 

インドネシアのお土産なんかよこせ」

 

 

 

 

 

といったので、当然もらうことにはなってたのですが、

 

 

 

 

 

期待していたよりも、かなり多くのものをもらうことができて

 

 

 

 

 

マジ感謝、ありがと、ほんまサンキュー卍卍卍卍

 

 

 

 

 

で、今日の本題とはだいぶ離れて来たので、早速本題行きます。

 

 

 

 

 

毎週日曜日は画像大喜利をしようと思ってますので、

 

 

 

 

 

もし今、何もやることがなく、強いてやるとしたら、

 

 

 

 

 

石ころ集めか、どんぐり拾いか、四つばのクローバー集め

 

 

 

 

 

くらいしかないという方向けの記事なので、

 

 

 

 

 

お風呂掃除など本格的にやることがある人がいれば、このブログを読む前に

 

 

 

 

 

ちゃっちゃとやること終わらして、ハッピーパーリナイピーポーの後

 

 

 

 

 

このブログを呼んでください。

(「ブログ召喚!!出でよ!!ごごごgごごごgゴゴッゴ〜〜〜〜」

 

 

 

 

 

早速行きます。

画像大喜利を呼んだことがない方はこちらを呼んでみてください。

画像大喜利 第一弾 - 圧倒的に満を持さないブログ

(「ブログ召喚!!出でよ!!ごごゴゴおごごごごごゴゴゴ〜〜〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.1 

f:id:stubgurssy:20170514103327j:plain

 

f:id:stubgurssy:20170514103836j:plain

f:id:stubgurssy:20170514103838j:plain

f:id:stubgurssy:20170514103840j:plain

 

 

No.2

f:id:stubgurssy:20170514103951j:plain

 

f:id:stubgurssy:20170514104443j:plain

f:id:stubgurssy:20170514104445j:plain

f:id:stubgurssy:20170514104448j:plain

 

 

No.3

f:id:stubgurssy:20170514104948j:plain

f:id:stubgurssy:20170514104950j:plain

f:id:stubgurssy:20170514104952j:plain

 

 

 

 

 

 

P.S

そいえば、この前一人で初めてメイド喫茶行きましたが、

 

 

 

 

トイレという概念は存在しないみたいです。

 

 

 

 

f:id:stubgurssy:20170514105158j:plain

 

 

 

 

ですがしっかりと便器は存在していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Airbnb インドネシア編 序章

本日からインドネシア編です。

 

 

 

 

今回も僕がインドネシアに行くのではなく、

 

 

 

 

インドネシア人をホームステイさせます。

 

 

 

 

しかも今回は、なんと

 

 

 

 

 

女性二人!

 

 

 

 

 

大学生!!

 

 

 

 

 

3泊4日!!!

 

 

 

 

これ一歩間違えれば犯罪ですよ?

 

 

 

 

3◯ということも有り得なくはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

男は単純なので、そんなことを妄想をしながら

 

 

 

 

 

彼女たちのことを待ってますが、もう家に到着したみたいです笑

(今僕は別の場所にいます)

 

 

 

 

以前オーストラリア編でもご紹介しましたが、

 

 

 

 

ナイスガイな男二人 * オーストラリア * 13泊14日 

 

 

 

 

  • 小さい部屋に二週間泊めるのはきつい
  •  5日目あたりからワ◯ガのような悪臭が部屋を襲い始める
  • 自分の部屋の狭さと心の狭さを実感する

 

 

 

という三つのことを得ました。

 

 

 

 

さすがにふざけすぎた感があるので、

 

 

 

 

今回は、本来の目的である英語にフォーカスして、

 

 

 

 

 

何か得ていこうと思います。

 

 

 

 

大学生の陽気な女性二人 * インドネシア * 3泊4日

 

 

 

 

どうなることでしょうか。。。。。

 

 

 

 

以前ニュージーランドの女性一人を一泊させたときは

 

 

 

 

 

英語に関して、何か学ぼう!と意気込んだのと、

 

 

 

 

心の片隅では、

 

 

 

 

(も、もしかしたら、わ、ワンチャンあるのか////////

 

 

 

 

なんてことを考えてましたが、

 

 

 

 

彼女の人生の意識の高さに圧倒されるあまり何もできませんでした。

 

 

 

 

彼女のスペックを簡単に話すと、

 

 

 

  • 高校までプロのアマチュアテニス選手
  • 大学でPythonを勉強とのこと
  • 一人で、三ヶ月間ほど、日本を放浪し、僕の家が日本生活最終日
  • 将来は宇宙飛行士になりたいらしい
  • ほぼ日本語ペラペラ

 

 

 

だそうで、思わず

 

 

 

 

 

す、す、すいませんでした!!!

 

 

 

 

と、心で叫びました笑

 

 

 

 

破廉恥なこと考えてすいませんでした!!!!!

 

 

 

 

日本語ペラペラなそのニュージランド高スペック系女子は、

 

 

 

 

自分の想像をはるかに超えており、

(どうせ今回も旅行者だろ、へっ!と思っておりました

 

 

 

 

 破廉恥なことを少しだけ想像してしまった自分を責めました。

 

 

 

 

女性を忘れているのか、キッチンの金具のいい感じなフックを利用して

 

 

 

 

ブラジャーを干してたときは吹き出しました。(実話

 

 

 

 

今回はインドネシア人二人!!

 

 

 

 

どんな方達なのでしょうか!!

 

 

 

 

非常に楽しみです。

 

 

 

 

P.S.

前々回の切れ痔はもう完治しました。怒涛の四週間でした。

stubgurssy.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

画像大喜利 第一弾

毎週日曜は、画像大喜利にしようかと思います。

 

 

 

フリー画像を適当にピックアップして、

 

 

 

自分なりにその画像とマッチした言葉や

 

 

 

面白い言葉を画像に乗っけていこうと思います。

 

 

 

これにより、ある程度自分が面白いかどうか判断しようかと思います。

 

 

 

ですが全くPV数もないので、

 

 

 

この判断がなされるのは、

 

 

 

二、三年後でしょうね

 

 

 

早速行きましょう。

 

 

 

こちらのサイトから使わせていただきました。

www.pakutaso.com

 

 

 

 

画像は4枚、それに対して、三つほど大喜利できたらいいかと思います。

画像出して一気にポンポンポンとやって行きます

「画像をみて一言」

 

 

 

Let`s go

 

 

 

No.1

f:id:stubgurssy:20170507202727j:plain

 

 

f:id:stubgurssy:20170507204204j:plain

 

 

f:id:stubgurssy:20170507204421j:plain

 

f:id:stubgurssy:20170507204639j:plain

 

 

 No.2

 

f:id:stubgurssy:20170507204826j:plain

 

 

f:id:stubgurssy:20170507205417j:plain

f:id:stubgurssy:20170507205420j:plain

f:id:stubgurssy:20170507205422j:plain

 

 

 

No.3

 

 

f:id:stubgurssy:20170507210400j:plain

 

f:id:stubgurssy:20170507210326j:plain

f:id:stubgurssy:20170507210328j:plain

f:id:stubgurssy:20170507210330j:plain

 

 

No.4

 

f:id:stubgurssy:20170507210623j:plain

 

f:id:stubgurssy:20170507210854j:plain

f:id:stubgurssy:20170507210858j:plain

f:id:stubgurssy:20170507210900j:plain

 

 

 

 

ほいで

初体験なう

今初体験中です。

 

 

 

 

なぜ今このタイミングなのか

 

 

 

 

原因は一つしかないことはわかってますが、今初めてを経験してます。

 

 

 

 

ここまで痛みが伴うものとは思っていませんでした。

 

 

 

 

三、四週間ほど前、

 

 

 

 

普通にトイレ (大) をしていると

(お食事中の方いましたらすみません。)

 

 

 

 

肛門に、かなりでかい、うん◯の感触がありましたが、

 

 

 

 

なりふり構わず、いつものノリで、

 

 

 

そいや!

 

 

 

と排便しようと試みましたが、

 

 

 

かなりデカかったため、

 

 

 

 

1回目の「そいや!」では、出てきはくれず、

 

 

 

二回、三回、四回と「そいや!」を繰り返しましたが、

 

 

 

 

一向に出てくる気配なし。

 

 

 

 

 

ならば奥の手だと思い、

 

 

 

 

 

そいや!的なノリを

 

 

 

 

 

ぬぉぉおおおおああああぁぁーーー

(注 : 自宅であれば声出ます。)

 

 

 

 

に変えてみたところ、

 

 

 

 

 

見事に出ましたが、そこから初体験の始まりでした。

 

 

 

 

 

通常よりも1.5倍ほどある便の救出をしたせいで、

 

 

 

 

 

肛門が事故りました。

 

 

 

 

 

圧倒的に切れ痔になってしまったんです。

 

 

 

 

 

ただの切れ痔ではないです。

 

 

 

 

 

圧倒的切れ痔です。

 

 

 

 

 

三、四週間前までは、通常の便も難なく、そいやで済んできましたが、

 

 

 

 

 

切れ痔になって以降そうは行きません。

 

 

 

 

通常の便でさえも、肛門の切れている部分と、う◯こが接触し、

 

 

 

 

 

激しい痛みが私を襲います。

 

 

 

 

肛門が事故をしているため、

 

 

 

 

「そいや」を「ぬぉぉおおおおああああぁぁーーー」に変えたところで、

 

 

 

 

何も変わりません。

 

 

 

 

However big it is , I feel pain . 

(どんな大きさでも私は痛みを感じます)

 

 

 

 

 

 

ネットで調べてみたところ、

 

 

 

 

 

肛門付近の皮膚は比較的回復が早いとのことで

 

 

 

 

 

何をせずとも治るとの記事が載っていました。

 

 

 

 

 

真に受けやすい自分はすぐこの記事通り、

 

 

 

 

 

一週間あったら治るだろうと、甘くみていました。

 

 

 

 

 

しかし治るどころか、

 

 

 

 

便をするたびに痛みを伴うので、

 

 

 

 

 

大便が恐怖でしかありません。

 

 

 

 

 

誰か助けてください。

 

 

 

 

 

とはいえ、便をしないと今度はお腹まで痛くなったので、

 

 

 

 

ここ最近は痛みとどう戦うか研究してます。

(もちろん薬も飲んでますよ!)

 

 

 

 

すると肛門側も学習したのか、

 

 

 

 

うまい具合に、その切れている部分を当たらないような

 

 

 

 

便の救出に最近成功するようになってきました。

 

 

 

 

ですが、すぐさま切れている部分に当たると、

 

 

 

 

グッと目をつぶり、痛みが原因で

 

 

 

 

ぬぉぉおおおおああああぁぁーーー

 

 

 

 

と叫んでます。

 

 

 

 

 

一体いつになったら正常に便が出来るようになるか。

 

 

 

 

 

正常に便をするなど当たり前すぎて、意識していなかったことも、

 

 

 

 

 

こうも非当たり前になり、意識するようになって

 

 

 

 

健康のありがたみを感じます。

 

 

 

 

次のブログでは、癒えているといいのだが。

 

Airbnb オーストラリア 完結編

やっとこさ終わったぞ。

 

 

 

本当にやっとこさ。

 

 

 

以前ブログでも紹介しましたが、

 

 

stubgurssy.hatenablog.com

 

 

 

私の家に、

 

 

 

オーストラリアの

 

 

 

ナイスガイ二人を

 

 

 

二週間泊めさせてました。

(オーストラリアに行ったわけではありません。)

 

 

 

 

Airbnbにはまってしまった私は、

 

 

 

 

安いアパートをAirbnb上に掲載し、

 

 

 

 

海外旅行者が殺到してくるのがたまらなく面白かったんですよね笑

 

 

 

 

シェアアパートとして、Airbnbで貸し出し、

(シェアアパートとは、自分の一人暮らしのアパートの空間にステイさせることだ)

 

 

 

 

旅行者はその安さに目を輝かせて群がってくる。

 

 

 

 

一ヶ月ほど前、オーストラリア出身のジャック(仮名)は Airbnb上で、私にメッセージを送ってきた。

 

 

 

 

その頃私の Airbnb への好奇心は高まりつつあったので、

 

 

 

 

ジャックが提示してきた「二週間かつ二人滞在」に、すぐOKを出してしまった。

 

 

 

 

とはいうものの、かなりの無理があった。

 

 

 

 

読んでない方はチェックしてくれ!!!

 

stubgurssy.hatenablog.com

 

 

 

 

滞在三日目にして、

 

 

 

 

「あ、これ二週間はきつい」と気付き始め、

 

 

 

 

五日目にして、

 

 

 

 

(食った記憶ないのに)家中カレーの匂いがするようになり始め、

 

 

 

 

7日目にして、

 

 

 

 

家中埃まみれになり、

 

 

 

 

 

9日目にして、

 

 

 

 

はよ出ろやとイライラし始め、

 

 

 

 

11日目にして、

 

 

 

 

こいつらともあと三日でお別れか〜

嬉しいなあああ、グハハハは

 

と精神が安定しなくなり

 

 

 

 

13日目にして、

 

 

 

 

果たして、俺はこの人たちのために何か価値を提供することができたのか?!と我に還り始め、

 

 

 

 

最終日彼らの暖かさを知ることとなる。

 

 

 

 

正直この広さで、三人止まらせたホストは

 

 

 

 

シンプルにいうと

 

 

 

アホ  でしかなかった

 

 

 

これがイメージ図だ。

 

 

 

※マリオとはジャックの友人と思ってくれ

タイプA

f:id:stubgurssy:20170501235743j:plain

 

タイプB

f:id:stubgurssy:20170501235829j:plain

 

 

 

 

この狭さから、俺は彼らに対して申し訳なさでいっぱいだった。

 

 

 

 

 

何しろ彼らは、俺よりも10cmほど高い。

 

 

 

 

絶対窮屈に感じている。

 

 

 

 

彼はよく二人で話していたのだが、

 

 

 

 

いつも悪口を言われているのではないかと不安になっていた。

 

 

 

 

「おいおいまじこの部屋はあかん。そー思うやろ?マリオ」

「んーとだな、シンプルにいうと、この部屋はやばい」

 

 

 

 

こんな会話が繰り広げたらているのではないか

 

 

 

 

 

Fuuuuuuuuuuck とずっと言ってるんじゃないか

 

 

 

 

そう思って夜もねれませんでした。と書きたいところですが、

 

 

 

 

睡眠LOVEなので、どんな環境下においても基本的には眠ることができます。

 

 

 

 

どれほど辛辣な言葉を浴びさられるのかビクビクなりながら迎えた最終日、

 

 

 

 

私は所用のため外に出なければならなかった。

 

 

 

 

昼、Airbnbから彼らがチェックアウトをした知らせが届いた。

 

 

 

 

Airbnbでは、チェックアウト後、ゲストとホスト双方がレビューを書くことになっている。

 

 

 

 

ゲスト側へのレビューは、「こいつは本当に泊めていいのか?」

を他のホストさんに知らせるため、安心させるために必要で、

 

 

 

 

ホスト側へのレビューは、「こいつの部屋はまじで大丈夫なのか?」

を他のゲストさんに知らせるため、安心させるために必要で、

 

 

 

 

要はこれからAibnbを継続して利用していきたい場合は、

 

 

 

 

非常に重要である。

 

 

 

 

俺は、彼らへの申し訳なさから、

 

 

 

 

 

 

Thank you so much !!!!!!!!!!!!!!! So sorry for too small small room

 

 

 

 

 

と全力でレビューした。

 

 

 

 

 

もう覚悟はできている。

 

 

 

 

 

「Fuck and Fuck」とレビューがくるか

 

 

 

 

 

「Please die」とレビューがくるか

 

 

 

 

「お前あかんやつや、あの部屋狭すぎやねん」

「ほんまそれ、あの部屋はシンプルにやばい」とレビューがくるか。

 

 

 

 

もう準備はできてるぞ!!

 

 

 

 

とジャックとマリオのレビューを確認した。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

 

 

「Great host , Great value」

 

 

 

 

なんだこれは。。。。。。。。。

 

 

 

 

なんということか。。。。。。。

 

 

 

 

彼らは何もせめてきやしない。。。。。。

 

 

 

 

 

ましてやGreat host , ましてや Great value だぞ。。。。。。。。

 

 

 

 

Good で形容せず Great で形容してきたぞ。。。。。。。

 

 

 

 

俺はなんてひどいことを思ってしまったんだろうか。

 

 

 

 

このAirbnbでわかったことは、

 

 

 

 

- 小さい部屋に二週間三人泊めるのはきつい (女は未検証)

- 男三人ですむとワ◯ガみたいな匂いが5日あたりから始まる

- 自分の部屋の狭さと、俺の心の狭さ

 

 

 

次は五月半ば。

 

 

 

 

今度はインドネシア人二人くる。しかも女性だ!!

 

 

 

 

一歩間違えたら風俗だぞこれは。。。。。。

 

 

 

 

彼女たちとは3泊4日。

 

 

 

 

乞うご期待 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

謎の遊び 「かつおぶし」

小学三年生の頃に一部の男子の間で、流行った遊びがあった。

 

 

 

 

その名は

 

 

 

 

「かつおぶし」

 

 

 

 

これだけ聞いて、どんな遊びか想像できる方はまずいないとは思うが、

 

 

 

そういう名前がその遊びにつけられた。

 

 

 

ルールはいたって簡単。

 

 

 

鬼ごっこで、鬼がメンバーをタッチする際に

 

 

 

「かつおぶしっ!」

 

 

 

と言い放つというルール。

 

 

 

ただそれだけである。

 

 

 

やっている時もなぜそれが面白いのか、よくわからなかったが、

 

 

 

「かつおぶし」

 

 

 

は小学3年男子の心を揺さぶった。

 

 

 

遊戯王ベイブレードポケットモンスタールビーアンドサファイヤといった

 

 

 

室内娯楽が流行っていたそれらを差し置いて

 

 

 

 

「かつおぶし」なる奇妙なアウトドアスポーツが小学3年男子の心を動かした。

 

 

 

 

昼休みも、放課後も「かつおぶし」で明け暮れた。

 

 

 

 

「かつおぶし!」「はいお前鬼ー!!」

「かつおぶしくさくなるやろー」

「かつおぶしマンわーい」 

 

 

 

 

別になんでもいいじゃないか、昆布でも焼き鳥でもタコワサでも、

 

 

 

 

しかし僕らの間ではなぜか

 

 

 

 

カツオを加熱してから乾燥させた日本の保存食品

 

 

 

 

「かつおぶし」

 

 

 

 

がはまってしまった。

 

 

 

 

 

理由は誰にもわからない。

 

 

 

 

小学4年になると、クラス替えが行われ

 

 

 

 

 

それまでのかつおぶし仲間がバラバラになった。

 

 

 

 

それを皮切りに「かつおぶし」は行われなくなった。

 

 

 

 

 

時はかなりすぎ、

 

 

 

 

 

今でもなぜか得意げに語るのは、

 

 

 

 

 

小学時代の同級生、橋下(仮名)だ。

 

 

 

 

 

彼がかつおぶしの生みの親だ。

 

 

 

 

橋「お前かつおぶし覚えてる?」

俺「なんかあったよなー」

橋「あれ俺が考えたっちゃけんね!」

俺「あ、そーやったっけ?そかそかふーん」

俺「そうバイ!まじ俺すごくない?あれめっちゃ流行ったよな!!!!ほんとすごいと思うわ」

 

 

 

 

 

地元に帰り、そいつと会うと、6,5割方この話が入る。

 

 

 

 

 

まるで

 

 

 

 

 

自分が地球上の新たな生命体を見つけたのと同等の価値がありまんねん!

 

 

 

 

 

とも言わんばかりの口ぶりで、すこぶる腹がたつ。

 

 

 

 

 

何年前の話じゃ、われ。

 

 

 

 

 

それ得意げに話されても、聞いとるこっちが恥ずかしわ。

 

 

 

 

 

とはいえ、橋下はかなり独特な感性の持ち主であったことは間違いない。

 

 

 

 

 

 

小学6年の頃の口癖は

 

 

 

 

 

 

「コンクリートすっぞ!」

(「コンクリートする」という動詞を発明し、布教。一部で流行る。意味はその場の雰囲気で悟れとのこと。)

 

 

 

 

 

 

中学生の頃の口癖は

 

 

 

 

 

タクラマカン砂漠

(テンションが高くなると、「タクラマカン」と言わずにはいられないようで、実際に存在する中国の砂漠)

 

 

 

 

何をどう思ってその発言をしているか、それが言いたくなるか

 

 

 

 

 

俺には到底理解し得なかったが

 

 

 

 

 

彼はとりあえず、

 

 

 

 

一般ピーポーよりもいささか頭がおかしい

 

 

 

 

 

ということは間違いなかった。

 

 

 

 

 

下校時間、しょっちゅうピンポンダッシュをしては、

 

 

 

 

 

周りの大人を困らせていた。

 

 

 

 

 

それゆえに「かつおぶし」のようなわけのわからない、

 

 

 

 

 

遊びを創出したのもうなづける。

 

 

 

 

 

だがなぜあれほど流行ったのかは、知る由もない。

 

 

 

 

 

そんな彼も司法書士を志すほど、

 

 

 

 

 

あれから時がたったと思うと、

 

 

 

 

 

時の流れっちゅうのは恐ろしく早かもんですな。